うつ病との上手な付き合い方

うつ病の人とトラブルなく正しく接するようにするには、まず触れ合おうとする人がこの病気のことをよく知るように努めることです。
病気のことをよく知らないと、知らないうちに相手を傷つけるような言葉を言ってしまったり、態度で傷つけてしまったり、ということになりかねません。
気合いが足りないから、心が弱いからそんな病気にかかるのだ、という言葉は最もうつ病の人にかけてはいけない言葉の一つです。
病は気から、ということわざから出発する精神論はこの病気には通用しません。
その他に、誰だって気分が落ち込むことなんてある、世の中にあなたより苦しんでいる人たちが大勢いる、などの言葉もこの病気の患者の不信感を増幅させてしまう言葉です。
そして一般的によく知られているように、頑張れなどと他に励ましの言葉をかけてしまうのもこの病気の患者にはよくありません。
彼らは頑張りたくても頑張れない状態にあります。
そういった状況にある中で頑張れなどと声をかけられてしまいますと、かえって追い詰められてしまいます。
また、同じように元気を出して、という言葉をかけるのもNGです。
話を聞いてあげる時にはできるだけ口を差し挟まず、ただ相手の話をずっと聞いていることに徹するようにしましょう。
余計なアドバイスや解決法を伝授してもかえって症状が悪化することがあります。
ただ話をさせてあげることで患者は緊張を解きほぐすことができます。
声をかけるのが難しい場合は、背中をさするなど相手とスキンシップをするのも効果的です。
うつ病になると、何かをやりたいという気力もなくなってしまいがちですので、そういった姿を見ても感情的にならないことも大切です。
やる気がなくなると同時に不安やイライラがとても高まり、壁に物を叩きつけてしまったり、突然怒りを爆発させたりします。
こういったときは自分もかっとなってしまわないように、まともに相手をすることは避け、落ち着くまでそっとしておきましょう。
もし患者が死にたいと口にするようであれば決して軽く見ずに、できるだけ早く専門医を受診するようにうながしてあげましょう。