TOP > 抗うつ剤と抗不安薬

抗うつ剤と抗不安薬のそれぞれの違いと特徴について解説します。

抗うつ剤と抗不安薬

抗うつ剤とは

白い錠剤

一般的に病院でうつ病だと診断されると、抗うつ剤が処方されます。

抗うつ剤はうつ病から回復するのに必要不可欠な存在だといえるので、ここで抗うつ剤の詳しい説明をしていきたいと思います。

まず抗うつ剤は脳内環境を調節するための効果をもたらします。

生きていればつらいことや悲しいことが多々あるわけですが、それらの要因が脳内環境のバランスを崩してしまうことになります。

その状態を抗うつ剤がうまく改善してくれるのです。

そして抗うつ剤は実際に効果が現れるまでに時間がかかるといわれています。

個人差はありますが、1週間から2週間くらいはかかるでしょう。

また、うつ病というものは再発する可能性のある病気なので、一度うつの症状が消えたからといってすぐに服用をやめることはおすすめできません。

基本的には半年ぐらい抗うつ剤を使用することになります。

ちなみに抗うつ剤には数々の種類があり、化学構造や作用機序などによりNaSSA、SNRI、SSRI、四環系、三環系といったものが存在します。

一番新しいのがNaSSAになり、一番古いのが三環系です。

この中でも特に四環系と三環系は経済的な負担が少なくて済みます。

ただし、薬というのは相性がありますので、安いからといって効果があるわけではありません。自分に効果のあるものがどの抗うつ剤なのかを確かめてから利用することをオススメします。

抗不安薬とは

不安感が大きく出ている女性

抗不安薬というのは、名前の通り不安感を和らげる効果を持つ薬になります。

不安感が強いと日常生活に支障が出てしまうレベルになるので、そういう場合は抗不安薬を使うことによって改善することができます。

あくまでも日常生活に支障が出るレベルの不安感に対して使われている薬になるので、日常的に感じるような不安に対して使う薬ではないということを覚えておいてください。

また不安だけではなく緊張やイライラの症状も同じく和らげる効果もあります。

これらについても同じことがいえますが、たとえば緊張の症状として心臓がバクバクなって鼓動がひどくなったり、緊張によって肩こりがひどくなったり、一度手が震えるとしばらくずっと震えてしまうといった人は抗不安薬を飲むべきだと思います。

抗不安薬にもいろんな種類がありますが、もっとも代表的なのはベンゾジアゼピン系の抗不安薬になります。

実は抗不安薬のほとんどがこれに当てはまります。

しかし、ベンゾジアゼピン系の薬は依存性が強いために短期間の使用が望ましいとされています。

抗不安薬には脳の活動を抑える作用があるので睡眠薬のような効果も期待できますが、その効果が日中に出てしまい強い眠気に襲われるようなことも出てくる場合があります。

そのため、使用する際は注意しなければなりません。

特に日中に車の運転をするという方や、機械を操作する、高所に昇って仕事をするという方の場合は、じゅうぶんに注意して服用することが必要です。

また、他のページでも依存性について話しましたが、ベンゾジアゼピン系の医薬品は依存性が強いため、その点にも注意しなければなりません。

依存していることに自分で気付いてしまっても急に薬の服用をやめず、徐々に減らしていきましょう。

抗うつ剤と抗不安薬の違い

抗うつ剤と抗不安薬の違いを説明する医者

抗うつ剤と抗不安薬について、明確な違いがいまいちよくわからないという方も多いでしょう。人によっては呼び方が違うだけでまったく同じものだと思い込んでいるかもしれません。

では、抗うつ剤と抗不安薬の違いについて比較していきたいと思います。

まず結論からいうと、抗うつ剤と抗不安薬はまったく別物の薬であることを覚えておいてください。

抗うつ剤の場合は主にモノアミンという神経伝達物質に対して作用しますが、抗不安薬は他の記事でも話しているGABAという神経伝達物質に対して作用します。

GABAは抑制系の神経を活性させるものであり、不安な状態を抑えることができます。

また、副作用にも違いがあります。

抗うつ剤の副作用で代表的なものは口の渇き、頭痛、排尿障害といったものがあります。

これに対して抗不安薬は上でも説明した通り、強い眠気が副作用としてあらわれることが多いです。

また、抗不安薬の場合は依存性にも注意しなければなりません。

抗うつ剤は依存性の高い医薬品だということをしっかり理解しておきましょう。

うつに効果があるのは抗うつ剤

うつに効果があるのは抗うつ剤なのを説明する医者

一方で抗うつ剤の場合は、とにかくうつに対しての効果を期待することができます。

抗不安薬の場合はうつの症状に対しては改善効果が期待できません。

抗うつ剤と抗不安薬というのは神経系や精神的な部分、さらに心の状態における解消に対して使用される部分では共通しているといえますが、うつ状態を根本的に治療する際に時間をかけて使うことになる抗うつ剤と、即効性があって一時的な不安を解消できる抗不安薬とは、基本の使用用途がまったく違ってきます。

実際には人によってどちらの方がいいのか、その具体的な症状によって変わってくるので、適したものを使用することが大事です。

おそらく自分ではどちらを使えばいいのかわからないという人がたくさんいると思いますので、必ず医師と相談して適切な薬を使用していきましょう。